1. HOME
  2. ブログ
  3. 給付金・協力金
  4. 一時支援金とは?申請方法は?

BLOG

ブログ

給付金・協力金

一時支援金とは?申請方法は?

一時支援金とは

こんにちは!

東京目黒区の行政書士の佐藤です。
今回は、最近話題の「一時支援金」がどんなものなのかについて、なるべくわかりやすく書いていきます。

※この記事は随時、最新情報を更新していきますので、ブックマークしていただくかお気に入り登録などして、こまめに見ていただくことをオススメいたします。

行政書士佐藤大河
お問い合わせには12時間以内に返信しています

一時支援金とは?


一時支援金とは、飲食店の時短営業や、外出自粛要請の影響で、売上が減少した事業者がもらうことができる給付金になります。

もらえる金額は、法人が最大60万円、個人は最大30万円とされています。

もらえる金額の計算式は、以下のとおりとなっています。

給付額 = 前年または前々年の対象期間の合計売上 - 2021年の対象月の売上×3ヶ月

※対象期間:1月~3月
※対象月:対象期間から任意に選択した月

【給付対象について】
ポイント1:緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業または外出自粛等の影響を受けた事業者(飲食業者だけでなく、飲食店と取引している業者も広く対象となります。)
ポイント2:2019年比または2020年比で、2021年の1月、2月または3月の売上が50%以上減少した事業者


一時支援金がもらえない事業者


以下の方は、一時支援金を受給することができません。

①売上が50%以上減少していても、売上減少の理由が、飲食店の時短営業や外出自粛要請の影響ではない場合

②都道府県の時短営業協力金を受給している飲食店


審査は厳しいの?


これまでコロナ対策として、様々な給付金や補助金、助成金が発表されてきています。

持続化給付金、家賃支援給付金、小規模事業者持続化補助金などは利用された方も多いのではないでしょうか?

これまでの給付金と比べて、今回の一時支援金は、審査が厳しめになることが見込まれます。

その理由としては、以下のとおりです。

①2019年と2020年の2期分の確定申告書の提出が必須であること。
(持続化給付金や家賃支援給付金は1期分のみでOKだった)

②用意する書類の種類が多いこと
(飲食店と取引していることを証明する書類、確定申告書、事業確認機関が発行する事業確認通知、通帳、売上台帳、本人確認書類その他)

③2020年の持続化給付金、家賃支援給付金の不正受給が相次いだこと
(給付金の受給要件を満たしていないにも、関わらず、満たしているかのように虚偽の申請を行い、国から給付金を詐取した事案が多数発生した)


申請方法は?


一時支援金は、2021年3月初旬から申請受付が開始予定とされています。
経済産業省が担当となって、進めている給付金です。

【 申請方法 】
1.一時支援金事務局が設置する予定のWebページにてアカウント登録
2.申請に関わる基本情報を記載の上で、以下の必要書類を添付
3.申請ボタンを押す

【 必要書類 】
・確定申告書:2019年および2020年の確定申告書
・売上台帳:2021年の対象月の売上台帳
・宣誓・同意書:2月中旬に所定の様式を公表予定
・本人確認書類(個人事業主の場合):運転免許証、マイナンバーカード、写真付きの住民基本台帳カード等
・通帳:銀行名、支店番号、支店名、口座種別、口座番号、名義人が確認できるページ
・事業確認通知(番号):事業確認機関が発行する事業確認通知(番号)

今回の一時支援金は、「登録確認機関(事前確認機関)」のチェックが必ず必要となりますので、ご注意ください。

登録確認機関について、詳しく知りたい方は以下の記事でわかりやすく解説しています。


▼一時支援金の登録確認機関(事前確認機関)とは?
https://satotaiga.com/ichijishienkin-jigyoukakuninkikan/


当事務所での申請サポートを利用すると、面倒な申請から解放されます


以上のとおり、一時支援金について見てきました。

登録確認機関を利用すると、提出書類を大幅に減らすことも可能となる予定です。

当事務所は、昨年も日本全国の事業者の方の、融資支援、給付金申請支援、補助金申請支援を行って参りました。

サポートをご希望の方はお早めにご連絡をください。

【 当事務所での申請代行報酬 】
法人・個人ともに6万円税抜

【 お客様ご紹介キャンペーン 】
お客様をご紹介いただき、その方が無事に給付金を受けることができた場合、謝礼として1人あたり1万円をお支払いさせていただきます。

【一時支援金の申請サポート連絡先】
 佐藤 大河(さとう たいが)
 〒153-0063
 東京都目黒区目黒4丁目10-6-502
 ライフインジャパン行政書士事務所
 TEL03-6303-1664

行政書士佐藤大河
スピード対応により、迅速に申請対応します


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事