1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 家賃支援給付金の不備修正ができないときはどうしたらよいのか?

BLOG

ブログ

ブログ

家賃支援給付金の不備修正ができないときはどうしたらよいのか?

家賃支援給付金の不備修正イメージ

こんにちは!
行政書士の佐藤(さとう)です。

今回は、”家賃支援給付金の不備修正ができないときはどうしたらよいのか?”というテーマで記事を書いていきます。

家賃支援給付金の申請をすでにしたものの、不備修正のメールが来て困っている方には参考になる内容かと思います。

行政書士佐藤大河
行政書士さとう

不備修正がうまくできないパターンについて

この記事を読んでくださっている方は、家賃支援給付金の不備修正ができないことで困っているかと思います。

不備修正ができない理由としては、以下のようなパターンがあるかと思います。

①家賃支援給付金事務局から、不備修正のメールが届いたが、文章が何を言っているのかよくわからない場合

②家賃支援給付金事務局から、不備修正のメールが届き、内容をある程度理解できるが、どんな書類を添付すればいいのかわからない場合

③不備修正のメールが届き、必要な書類データをアップロードしようとしているが、WEBページがおかしいのか、データのアップロードができない場合

①のパターンについては、よくある困りごとかと思います。事務局からの不備修正メールの文章が何を言っているのかよくわからないというケースです。

正直、これは文章を理解できない人が悪いのではなく、”読む人が理解できない文章を送ってくる家賃支援給付金事務局が悪い”です。

最近のコロナ対策の支援制度はスピード優先で運営している制度なので、ある程度の不便さは仕方がないといえば仕方がないですが、理解できない文章を送ってこられると困ってしまいますよね。

この場合の解決策としては、家賃支援給付金の公式のコールセンターに電話をして聞くか、行政書士に質問するということになるかと思います。
ただし、基本的には家賃支援給付金コールセンターのオペレーターはアルバイトや派遣スタッフの人なので、テキトーな対応をされることもかなり多いです。

行政書士に相談する場合は、家賃支援給付金についてあまりくわしくない行政書士もいるので、家賃支援給付金にくわしい行政書士に相談するようにしましょう。

つぎは
②家賃支援給付金事務局から、不備修正のメールが届き、内容をある程度理解できるが、どんな書類を添付すればいいのかわからない場合
について。

こちらの対策としても、基本的には①と一緒です。ご自分でコールセンターで質問するか、専門の行政書士に相談してみるのをオススメします。

最後に、
③不備修正のメールが届き、必要な書類データをアップロードしようとしているが、WEBページがおかしいのか、データのアップロードができない場合
について。

こちらは専門の行政書士への相談がオススメです。
家賃支援給付金事務局に電話をしても、きちんと取り合ってくれないケースが多いです。申請した人のパソコンの環境に原因があると判断をされるため、ほかのパソコンで申請をし直してみてくださいと言われて終わってしまいます。

★家賃支援給付金のよくある質問については、以下の記事にくわしく書いていますので、そちらもご確認いただくことをオススメいたします。
家賃支援給付金のよくある質問まとめ
https://satotaiga.com/yachinshienkyufukin-qa/

【連絡先】自分だけで解決が難しい場合

上記の解決策の連絡先をこちらに書いておきます。

◆家賃支援給付金コールセンター
https://yachin-shien.go.jp/inquiry/
受付時間:8:30〜19:00
平日・日曜日対応(土曜日・祝日除く)

◆家賃支援給付金の専門家
東京都目黒区目黒4丁目10-6-502
ライフインジャパン行政書士事務所
代表行政書士 佐藤 大河(さとう たいが)
東京都行政書士会所属 第19080406号
電話:03-6303-1664
メール:info@satotaiga.com
LINE ID :river_66

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事