1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 就労ビザ申請が不許可になった場合にやるべきこと

BLOG

ブログ

ブログ

就労ビザ申請が不許可になった場合にやるべきこと

就労ビザ申請が不許可になった場合にやるべきこと

出入国在留管理庁で就労ビザの申請をしても不許可になってしまうことがあります。

不許可のパターンは大きく分けて以下の2つです。

1.申請した就労ビザの要件には該当しなかった。

2.就労ビザの要件には該当するが、書類記入や説明が不十分で、出入国在留管理庁の職員に、自分が要件を満たすことをうまく説明することができなかった

1の場合は、再申請によっても許可されることはなく、行政書士に依頼しても、断られてしまいます。

2の場合は、不許可になった理由を確認して、そこを改善することによって、許可をもらえる場合があります。

不許可になった理由の確認の方法

出入国在留管理庁から送られてくる不許可の通知書には、不許可理由は一行しか書かれておらず、詳しい説明は書いていません。

そのため不許可になった場合は、出入国在留管理庁の職員に不許可になった理由を確認することが必要です。

不許可になった理由を確認するときに注意するべきポイント

出入国在留管理庁の職員に不許可の理由を聞けば、答えてくれますが、1つの理由だけではなく、複数の理由によって不許可になっている場合もあります。

しかし、その場合でも出入国在留管理庁の職員は不許可になった理由を1つしか教えてくれないことがあります。

教えてもらった1つの理由だけを修正して、再申請してもまた不許可になってしまうのです。

そのため、出入国在留管理庁の職員に不許可理由を確認するときは、理由をすべて聞くことが大事です。

またその時、職員の人にどの点を修正して再申請すれば許可になるのかの見解を聞くことも必要です。

就労ビザ不許可の場合は、プロの行政書士に依頼するのがおすすめ

出入国在留管理庁の窓口はいつもとても混雑しているので、再申請でもほぼ1日潰れてしまうことが予想されます。

わたしは、外国人関係手続きの専門家として行政書士をしています。

不許可になって困っている方は、まずはお気軽にご連絡ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事